婚活の難しさ

イメージ

なぜ、「結婚したいこと思う人に出会えないのでしょう。 たとえ「結婚できないかも」とか、「男性不信」「恋愛不信」と感じる人の人口が増え続けていたとしても、基本的には女性は結婚したいもの、または結婚と同じような、信頼できる関係を望んでいるというのが私の中での印象です。 女性は子供を産む能力を持って生まれてきていますから、本能的にもそう感じるのではないでしょうか。結婚したくないと感じる女性は、何かの理由でその本能的な部分が崩壊 「自由がなくなるから」と考える人は、コミュニケーションを取るのが下手だからか、一方的に意見を押し付け合うことになったり、あれこれ交渉するのが面倒くさいから、相手の言いなりになってしまう、そんな「振り回される関係」を恐れているのです。そしていつでも自分のペースでいられないと、不安なのでしょう。 そういった男性にしてみれば、結婚しなくても付き合っていける彼女がいたら、それでいいわけです。でも、結婚したい女性側にしてみたら、そんな関係をズルズル引きずられるのは嫌ですよね。 結婚したら男が責任を取らないといけないというプレッシャーや責任感に足止めをくらうなら、自分より経済的にも精神的にも安定した女性を頼って結婚したり、経済的なことは、各自が責任を持つということを原則に結婚するのが、自分に合っているんだと理解してもいいと思うのですが。でもそれではプライドやエゴが許さない人もいます。男性が結婚を先延ばしにする理由として、もっと自由に遊んでいたいとか、束縛されたくないとか、いろんな人とデートを楽しみたいとか、いろいろありますが、そんな自分を「結婚できない男である」と断言してしまう人は、自己中心的な自分を公私ともに認めさせるために言っているようなものですから、とりあえず結婚には向いていないでしょう。 もし真剣に、「僕は女性運が本当に悪くて、結婚できない運の男なんだと思う」なんて言ってる男性がいたら、結構そんな人は本当に真面目で純粋で、旦那様にもってこいの人かもしれないですね。 なぜ、「結婚したい!」と思う人に出会えないのでしょう。 たとえ「結婚できないかも」とか、「男性不信」「恋愛不信」と感じる人の人口が増え続けていたとしても、基本的には女性は結婚したいもの、または結婚と同じような、信頼できる関係を望んでいるというのが私の中での印象です。 女性は子供を産む能力を持って生まれてきていますから、本能的にもそう感じるのではないでしょうか。結婚したくないと感じる女性は、何かの理由でその本能的な部分が崩壊してしまたのでしょうか。結婚したくない、子供は欲しくない、と感じることが悪いこととは言いません。後悔しないことが大切なのです。 それとはまた別に、結婚したくないわけではないけれど、「結婚したい!」と思わせてくれる人に出会えない、だから「結婚できないかも」と思ってしまう、という問題があります。 これについては、「結婚相手にふさわしい相手は、自分が愛情を込めて創っていくもの」と考えたはうがよさそうです。 素質の良い人を見つけて、理想の片割れに育てていくつもりで、そういう男性を見極めることが大切で、何もかも条件のそろっている人を最初から探そうとしても、成功率が上がらないと思うのです。 どんな人に出会っても、「この人は何か違うかも”と感じる部分があって自然だと思うのです。お互いの片割れになっていくために調節できる隙間が必要で、そこをピッタリになるように埋めていく作業が、結婚の関係でもありますから。それに、削る作業よりも、足していく作業のほうが簡単です。 だから、何か物足りないと感じるくらいでも、ピッタリ合う部分が強ければ、あとは足していけばいいのです。 ピッタリ合う部分が多いのに、「他はいいんだけど、ここだけが耐えられない!」という理由で、結局別れてしまう人も多いですから。運が悪いと思い込まないように。すべては「選択」なのですから。 たとえば長年付き合った彼女と別れた直後に、新しく出会った人と、そのまますぐに結婚してしまった男性がいたとします。前の彼女にしてみれば、「一体何なの?」って感じでしょう。 男性側が結婚を望んでいたのに、女性側がどうも結婚に踏み込めなくて別れてしまった場合は、文句も言えないでしょうが、男性側が結婚を拒んだから別れたのに、その直後にさっさと他の人を見つけて結婚されてしまった場合は、傷つくなんてもんじゃありませ 相手は何か自分よりいい条件の持ち主ってことに違いないと、憶測して悔しい思いをすることでしょう。きっと自分は、異性運がないんだと思い込んでしまうかもしれません。 しかしどんな場合でも、結局ダメになった人とは、結婚しなくて正解だったのです。その人と結婚していたら自分に降りかかっていたかもしれない様々な問題から救われたと思って感謝してください。天の指示だと思って開き直りましょう。 悪かったのは運ではなくて、「自分の選択」なのです。まだまだパートナー選びに関して、自分がわかってないこと、観えてないことが、たくさんあるってことです。相手ばかり観ていて、自分を観てないこともあるでしょう。必然の破局とでも言いましょうか。 一般的には男性は本当に必要な時に結婚するもの、女性は結婚する必要がなくても、結婚したいもの、というのが私の持っている印象です。そして「結婚できない」「異性運が悪い」と感じるのは、基本的には「自分の選択が悪い」。そして「結婚する決意が足らない」からです。たから、今まで結婚できていない人も、相手の選択さえ正しければ、結婚できます。どうして間違った選択をするかというと、何を基準に選べばいいのか、自分でよくわかっていないからでしょう。 繰り返しますが、パーフェクトな相手が、必ずしもパーフェクトな条件で現われるとは限りません。いくら相手がパーフェクトでも、出会う時の状況はいろいろです。ですから、恋愛という試行錯誤を繰り返しながら、自分にとって本当に必要な生涯のパートナーとはどういう人なのか追求して熟知するしかありません。 もちろん、そんなことも知らないまま、大恋愛して結婚して最高の結婚生活を送られている方がいらっしゃることも確かですけれど。