目標は山内一豊の妻

イメージ

 いつの時代でも、男性たちに大人気な女性は、山内一豊の妻です。まず憧れナンバーワンといえると思います。山内一豊の妻を一言でいえば、内助の功で、夫を大名にまで出世させた女性です。土佐二○万石の大名ですから、いまの高知県の支配者です。ここまで夫を出世させた女性の秘密は、どこにあったのでしょうか? 一豊は最初は、織田信長の家臣でした。いまでいえば課長くらいだったでしょうか。このとき天皇行幸に際して、馬揃えという儀式(車馬を集めた演習)が行われることになったのです。一豊には馬を買う金がありません。 このとき妻の千代は、初めて、実家から「イザというときに使え」といわれていた持参金を、彼のために出したのです。 このとき買った馬がすばらしい名馬で、信長の目にとまり、一躍出世街道に乗りました。しかし、この逸話では「持参金がない人はどうするのよ!」と、叱られそうです。 この千代は、信長や秀吉という、当時の最高権力者と、堂々と会話ができたといわれます。あなたは、夫となった彼の会社の社長と、話ができるでしょうか? それだけの知性と嗜みをもっていたのですから、夫も千代を大切にします。このあとも、自分の命を差し出したりと、驚くほどの内助の功を発揮しただけに、いつの時代の男性たちも、最高の女にあげるのです。 いかに夫のために尽くすかーこれをバカらしいと思わず、一生懸命できる妻が、意外にも現在、上流に這い上がるカップルには多いのです。内助の功を尽くす。 離婚のケースを調べていくと、意外にもスポーツ選手の夫婦には、離婚が少ないようで す。これはなぜでしょうか? 考えられるのは、妻の協力なくして、仕事がつづけられないからです。それこそ毎日、食事の栄養バランスから、汗になったスポーツ着の洗濯まで、しつづける妻の存在は貴重です。 ところが、いまの日本でもっとも多いサラリーマンや、その種の仕事に携わる男性たちには、妻の協力はそれほど必要ありません。妻が働いていれば、それぞれバラバラだ、ともいえるのです。そこに夫婦のスキ間ができてしまうのでしょう。 また、スポーツ選手の場合は、収人が一定ではありません。たくさん稼ぐためには、家庭が真の憩いの場でなくてはならず、妻にも、それが求められるのです。 同じようなことが、タクシー運転手の家庭でも起こります。 夫のからだをいたわることは、事故を起こさないために、最重要のテーマです。昼と夜が引っくり返った生活をつづけるのですから、妻も大変です。 このように、妻が協力しなければ、夫の仕事もうまくいかないという、きびしい夫婦のほうが、かえって夫婦仲がいい、というのは、なぜでしょうか? 夫も、妻の存在をとても大事にするからです。 ところが妻を大事にしない夫が、勝手なことをいう。 だから妻が怒ったり、不満をもつことになるのですが、一度あなたは、「私はこの結婚で、彼の何に必要なのか?」を、考えたほうがいいでしょう。彼と同レベルの女性をめざす。 これだけ大勢の異性がいながら、なかなか結婚相手が見つからない、また結婚しても、短期間に互いに失望して離婚してしまう-これがいまの女性の状況ではないでしょうか? あなたは、このどちらで悩んでいるのでしょうか? ここで、自分の要求は脇に置いて、男性の要望を、ひとまず聞くことにしてみましょう。男性たちは、どういう結婚相手をさがしているのでしょうか? 昔の男性なら-(1)五歳くらい年下(2)貧しい生活で苦労をいやがらない女性(3)夫につつましく仕えてくれる女性 こういった相手を喜んだものでした。それはなぜなのか? 女性の結婚年齢が早く、一八歳くらいから嫁入りしたため、反対に五歳くらい年上の男性でないと、収入がなかったからです。 さらに、貧乏生活をいやがらずに、黙々と男性に従いてきてくれる女性なら、男性も安心だったからです。いまの女性は、次第に高い教育を受けるようになってきました。それは、いまの社会が少ない収入では、生活できなくなってきたからです。住宅費だって高いし、衣料費だってかかります。電器製品を揃えるといっても、大変な費用がかかります。かりに結婚して、子どもが生まれたら、育児費、教育費もバカになりません。住んでいる地域によったら、車も買わなければならないでしょう。 これを男性の側から見ると、五歳年下の女性では、まず収入が少なすぎます。また仕事が複雑になればなるほど、女性のアドバイスが必要になり、できれば、同レベルの伴侶が必要になってきたのです。 また同年齢くらいなら、収入もある程度多いので、かりに結婚するとしたら、生活が少しでもラクになります。 プロ野球選手が女子アナや海外帰国女性とつき合うというのも、メジャーリーグに行くときには、絶対必要な条件をもっているからです。語学もできるし、コミュニケーションもとれるとしたら、その選手にとっては、いなくてはならない存在となります。 結婚で求められる女性とは、そんな存在になり得る条件を持っている人といえるでしょう。